一発屋という人種

最近はもう一度TVを見ておる自分自体が
減ってきてそのままマスコミはwebという
人も少なくないと思います。

ちょっと前に私も久方ぶり、TVでやっている号外
放送を見てみたのですがとりあえず深刻すぎて
暗くなる様なやり方ばっかり。

正真正銘そんなもの誰も見ていたくはないというんですよね。

無論心情が暗くなる案件ってあると思いますし
案件とか追い掛けていくとやはり暗くなるのは
当然ですけれども。

それに比べるととにかくネットではうれしい、うれしい号外も
多いのでもしやこれがweb放送なんかに
観衆を取られている素因にもなっているのかなあ、
などと思ってしまう。

勿論放送の処方自体は番組やTVの号外の方が
製作がしっかりしているは思いますが。

もうすぐマスコミはどうなっていくのかな、
などと思ってしまいました。

私の場合は総じてwebの放送か
衛星放送、または専従テレビ局を見ていますね。

専従テレビ局って自分の興味ある案件だけのクラスに
絞って視聴できるので何となく便利です。

最近はHuluなんていうのも随分人気がある様ですね。

先ず次契約してみて観戦しようかな、としている。

さすがマスコミは面白く利用しないとですね。

ミュゼあべの

あの人気アニメの妖怪体操第一は。

銀行に行く件があったので、お昼休みに、店先を出て、自転車を運転していたら、近くの小学生のグランドで、沢山の子供たちが集まって、何かやる感じ。

そういえば、まもなく運動会なので、練習もしているのかなと覗いてみたら。

何か思い付か体操をしているか。

【みたい現れる、よう出る】といった歌詞もあり。

何かなと見なし、店先に帰り、後輩に聞くと、『ようかい体操第一ですね。
』という即答されました。

ようかい体操?

後輩によると、ようかいウォッチなる漫画があり、その漫画のエンド曲がようかい体操第一なんだそうです。

こういうようかいウオッチ、子供たちに大人気なんだそうです。

身は、サタンといえば、オッサンとしては、やっぱり、ゲゲゲの鬼太郎だと思っていたので、ちょっと驚愕でした。

ゲゲゲの鬼太郎、また、リバイバルしてくれないかな。

因みに、どんなものかネットで調べると、乳幼児が憧れそうなムードがしましたね。

鬼太郎というオドオドしさがあっても良いと思いましたが、これは、これで、良いのかもしれませんね。

なお、ようかい体操ですが、第一があるは、いずれ、第二、第三も演技させるんでしょうね。
大方。

稼業がお器用ですね。

今年の運動会では、ようかい体操第一のミュージックが沢山にじみ出るのでしょうね。